トップへ » 3分でわかる当院について » 一般歯科(虫歯治療)

不安を払拭するために、ご要望をお聞きしてしっかり説明します

一般治療
●カウンセリングを重視した、信頼できる診療
●現状をお伝えするために、口腔内カメラの撮影や唾液検査を実施
●患者さんの意見を尊重し、治療計画には選択肢を提示します

歯科治療の不安や緊張を取り除くように配慮して、患者さんとの信頼関係を大切にしています。

カウンセリングでは
患者さんのご要望をうかがい、しっかりと説明します。口腔内カメラで自分では見えない所の確認、唾液検査による口腔環境リスク検査(虫歯、歯周病のリスク検査)を行い、一人ひとりに合った治療方法を提案いたします。

あくまでも患者さんのご意思を尊重いたします。一度削ったり、抜いてしまった歯は二度と元に戻りません。後悔しない治療を受けていただくためにも、遠慮せずにご相談ください。


事前に相談してから麻酔をします

麻酔●麻酔を使う前に相談します
●ほとんど痛くないときは、麻酔はしません

麻酔をすると神経に触れても痛みを感じないため、削り過ぎても気づかないことがあります。また、麻酔をすると治療後も痺れた感覚がしばらく続くので、食事のことを考えるとできれば避けたいですね。そこで当院では、麻酔をする前には、必ず患者さんと相談します。

状況に応じて、麻酔を使わないことも
虫歯の大きさによっては、麻酔を使わなくても治療ができることがあります。そのようなときは、「麻酔をしなくても大丈夫ですよ。もし我慢できないときは、すぐに麻酔をしますから安心してください。」とお声をかけて、様子を見ながら治療を進めます。治療が終わるとほとんどの患者さんは、「麻酔を使わなくても痛くありませんでした。」と喜ばれています。

もちろん痛みに敏感な方には麻酔を使いますので、我慢せずにおっしゃってください。


抜歯はどんな場合に必要なの?

抜歯●必ずメリット・デメリットを説明します
●患者さんの同意を得てから処置します

当院では抜歯の基準を設けています。きちんと理由を説明し、患者さんの同意を得られてから処置しますので、むやみに抜くことはありません。ご安心ください。

抜歯をする基準は?
●噛んで痛んだり、度々腫れるなどしていて、治療による改善が見込まれない
●このまま放置すると、他の歯にも悪影響を及ぼす

抜歯の際は、メリット・デメリットをきちんと説明いたしますので、充分にご検討ください。時には結論が得られるまでに日数がかかる方もいますが、ご自身の体の一部ですので納得できるまでお考えください。

私たちも、大切な歯を残すための努力は惜しみません。治療についてのご要望がございましたら、お気軽にご相談ください。


症状から虫歯の進行を知ろう!

小さな穴が空いていても痛みがない
虫歯の進行歯の表面を覆っているエナメル質が虫歯菌に溶かされた状態で、小さな穴が空いています。象牙質には達していませんので、痛みはありません。

<治療方法>
虫歯の部分を必要最小限削り、保険適用の白い詰め物をして終了です。

冷たい物や甘い物がしみる
虫歯の進行虫歯がエナメル質の下にある象牙質まで達しています。冷たい物や甘い物がしみて、触れると痛みを感じるため麻酔をして治療をします。

<治療方法>
虫歯の範囲が小さければ、保険適用の白い詰め物を入れて完了です。虫歯が深く広がっているときは、麻酔をかけて患部を削り、詰め物を製作して装着します。

激しい痛みがあるとき
虫歯の進行虫歯がエナメル質と象牙質を溶かして神経まで達した状態です。激しく痛むことが多く、神経が死んでいるときは、根の外で炎症を起こしたり、膿が出たり、歯ぐきが大きく腫れたりします。

<治療方法>
麻酔をして、壊死した神経や膿を取り除き、根の中の汚れをきれいに取り除いてから被せ物を装着します。状態によっては、抜歯の可能性があります。早めに治療すれば歯を長持ちさせることができ、治療の痛みも少なくてすみます。痛いと感じる前に、定期検診を受けてお口の内を健康な状態を保つよう心がけましょう。


カテゴリー一覧

お口の内のお悩みは、お気軽にご相談ください

カウンセリングをおこなっております

トップへ » 3分でわかる当院について » 一般歯科(虫歯治療)


PAGE TOP