トップへ » 3分でわかる当院について » 歯周病治療

歯周病は静かに進行する病気

 歯周病治療
●歯周病は歯周病菌が引き起こす感染病
●自覚症状がないので、気づいたときには手遅れになることも
●早期発見・早期治療で歯周病を予防

近年、予防歯科の意識が高まり、虫歯に感染する子どもたちが減少してきました。その反面、歯周病に感染する大人たちが急増しています。厚生労働省の調査では、「日本人の成人、約80%が歯周病に感染している」という報告があります。もはや歯周病は「国民病」ともいえる病気といえるでしょう。

歯周病は、歯周病菌が引き起こす感染病
歯周病は歯周病菌による感染病です。
口腔内の汚れや歯垢が石灰化して歯石に変わると、歯と歯肉の間に深い溝ができます。これが歯周ポケットです。ここに細菌が繁殖すると炎症を引き起こし、やがて歯周ポケット内部にまで広がり、歯根膜や歯槽骨を溶かしていきます。さらに悪化すると、歯を支えきれなくなり、やがては歯が抜け落ちてしまうのです。

一番の予防は、早期発見・早期治療
歯周病の恐ろしさは、初期症状がほとんどなく静かに進行していくこと。自覚症状が現れた頃にはかなり悪化しています。細菌により歯周組織がダメージを受け、すでに手遅れのケースも少なくありません。

初期段階の歯周病は、早期治療でほぼ完治することができます。大切な歯を歯周病から守るためにも、早期発見・早期治療を心がけましょう。


歯周病は全身疾患と深い関わりがある生活習慣病です

歯周病最近の研究では、唾液の中に混じった歯周病菌が全身に広がると、糖尿病や心臓血管疾患、肺炎などを誘発し、さらには早産を引き起こすことが明らかになってきました。もはや生活習慣病として考える必要がありそうです。

歯周病治療をすれば症状は治まります。しかし、完治したわけではありません。食生活や生活習慣、あるいは口腔ケアが悪ければ再発します。全身の健康を保つためにも、歯周病という「病気」と上手に付き合いましょう。

歯周病を併発したまま虫歯治療をすると...
歯周病を併発したまま虫歯治療をすると、歯周病が進行してやがては歯を失うことになりかねません。当院では、虫歯の治療を始める前に、歯周病の検査を行っています。もし、歯周病が発見されればまず歯周病の治療を行い、歯ぐきを安定させ、その後、詰め物や人工歯(補綴物)を入れます。こうすることで、歯周病から歯を守り、長期間安定した状態が保てるのです。


歯周病の進行具合と治療方法

軽度歯周病軽度歯周病
歯と歯肉の間に歯垢(プラーク)や歯石が溜まり、細菌が繁殖しています。歯肉に炎症が起き、腫れや出血が見られる状態です。

●歯磨き指導を受けて、しっかりとブラッシングを行う
●1~2回程度、歯のクリーニングを受ける

中等度歯周病中等度歯周病
口臭や出血がひどくなり、歯石の付着が目立っています。骨の後退が徐々に進んで歯周ポケット(歯肉溝)が深くなると、歯がぐらつき始めます。

●歯周ポケット内に付着した歯石を取り除く
●痛みがあるときは、麻酔をする
●歯周ポケットの深さが4mm以上になると、歯周外科が適応

重度歯周病重度歯周病
歯肉が化膿して真っ赤に腫れあがった状態です。骨が破壊されて後退し、歯のぐらつきが大きくなります。

●重度の場合は、歯周外科を適応する
●それでも保存ができないときは、抜歯となる


カテゴリー一覧

お口の内のお悩みは、お気軽にご相談ください

カウンセリングをおこなっております

トップへ » 3分でわかる当院について » 歯周病治療


PAGE TOP