トップへ » 3分でわかる当院について » 入れ歯

入れ歯が合わなくてお困りの方へ

「間に食べ物がはさまって痛い」
「喋るときに外れてしまう」
入れ歯を使用していて、こうしたことでお困りの方はいらっしゃいませんか?
入れ歯
入れ歯は人工物なので、ご自分の歯に比べると違和感があります。特に総入れ歯は、天然の歯に比べて咀嚼力が格段に弱まるので、固い物や柔らかい物が噛み難くなり、食事中のストレスを訴える方も少なくありません。

初めてお作りする方はもちろん、いまお使いの入れ歯の調整まで幅広く対応
当院では、患者さんのお悩みやご要望を伺いながら、その方に合せたしっかり噛めて外れにくい入れ歯づくりを心がけています。初めてお作りする方はもちろん、いまお使いの入れ歯の調整まで幅広く対応していますので、末永くお使いいただけます。


一人ひとりに合わせたしっかり噛めて、外れにくい入れ歯

初めての入れ歯は負担が軽い保険のものを入れ歯
入れ歯を作るときに肝心なことは、まずは、入れ歯に慣れること。当院では、初めてお作りする方には、経済的な負担が少ない、保険が適用できる入れ歯をおすすめしています。

様々なバリエーションの入れ歯をご用意
保険でお作りするプラスチック床から金属床まで、バリエーション豊かな入れ歯をご用意しています。それぞれに特長がありますので、メリット・デメリットをご説明し、お口の状態に合わせた最適な入れ歯をご提案します。ご予算やご要望に合わせて、患者さんのお好みの入れ歯をお選びください。

長持ちする入れ歯はメンテナンスが重要
入れ歯は一度作ればそれで終わりではありません。知らず知らずのうちに、歯面がすり減ったり、噛み合わせのバランスが狂ったりしてきて、不具合が生じてきます。このとき、トラブルに気づかなかったり、入れ歯安定剤を使い続けたりしていると、入れ歯の寿命が短くなるだけでなく、歯やあごの骨にも負担がかかり、思わぬトラブルに発展します。

末永くお使いいただくためにはメンテナンスが欠かせません。ぐらつき始めたり違和感を覚えるようになったりしたら、なるべくお早めにご相談ください。


用途に合わせた、さまざまな入れ歯

【保険義歯】入れ歯が初めての方におすすめ保険義歯
プラスチック素材を使った保険が適用できる入れ歯です。経済的な負担が少ないので、安心してお使いいただけます。なお、初めての方には、入れ歯に慣れていただくためにも、保険義歯がおすすめです。

●保険が適用できるので経済的

薄くて違和感が少ない【金属床】金属床
上あごに接する口蓋(床)の部分が金属でできている入れ歯です。
通常、歯科用のプラスチックを使った保険適用の入れ歯は、口蓋の厚さが約1.0~1.4mmあります。これに対して金属床の口蓋は約0.5mmと薄く、装着時の違和感がほとんどありません。熱伝導率にも優れ、食べ物の冷たさや温かさが敏感に伝わり、食事を美味しくいただくことができます。

金属の種類には、チタン、コバルトクロム、白金加金などがあります。どの素材も厚みはほとんど変わりありませんが、装着感や軽さなどの違いがあります。

●入れ歯の厚みが気になる方、口腔内が狭い方におすすめ
●食べ物の冷たさや温かさを敏感に感じる


支える歯に引っ掛ける金具の目立たない入れ歯ノンクラスプデンチャー
●パッと見ただけではわからない
【ノンクラスプデンチャー】

歯に引っ掛ける部分が歯ぐきと同じピンク色なので目立たず、装着していても周りの人に気づかれることがありません。目立たない部分に、一部金属を使用することがあります。

これ以外にも、入れ歯を支える歯に特殊加工をした、金属が目立たない入れ歯もご用意しておりますので、ご相談ください。


カテゴリー一覧

お口の内のお悩みは、お気軽にご相談ください

カウンセリングをおこなっております

トップへ » 3分でわかる当院について » 入れ歯


PAGE TOP