トップへ » 3分でわかる当院について » 根管治療・口腔外科

歯を抜かずに残すための治療

「虫歯がひどくなり、治療方法は抜歯しかないと言われた。」
「神経を取り除いたのに、歯ぐきが腫れてきた。」
「神経を取り除いたのに、痛みがある。」
「根の治療を何回かしているのに、すぐ再発する。」
歯を抜かずに残すための治療
治療した歯や根が、再び悪くなったり痛くなったりすることはありませんか。一度治療を受けたからといって痛みを放置していると、こじらせてしまい、治療が難しくなり、最悪、歯を抜かなければならない場合もあります。

●根管治療で悪化した歯を残す
●歯科治療の「最後の砦」
●根治できなければ、抜歯となる

歯の寿命を延ばすための根管治療
根管治療では、壊死した歯の神経を取り除き、根の内部(根管)をキレイに洗浄・殺菌します。根管が汚染されたままの状態を放置すると、根自体が腐ったり歯を支える骨が溶けてしまうことがあります。根管治療は、こうした状態となることを防ぎ、歯をできるだけ長く残すことができる「最後の砦」とも言える治療です。

どんな治療をするの?
歯の神経が通っている管(根管)を、専用器具で掃除し、汚れをきれいに取り除きます。その後、薬を充填して、その上から詰め物を被せます。歯の状態により手順や通院期間は異なります。

根管治療の流れ
1. 虫歯感染部分を専用器具で取り除く。
2. 治療しやすいように、神経のスペースに穴を空ける。
3. 器具(リーマー)を使い、根の感染部を取り除く。
4. 炎症が起きている根管の先端まで薬を充填し、細菌感染を防ぐために根管を塞ぐ。
5. 根管治療後の歯は、状態により詰め物・被せ物を取り付ける。


しっかり研修を積んだドクターによる【歯根端切除術】

●歯根が深刻な状態のときに歯根端切除術を行う
●外科的処置で根の先端の病巣を切除する
●根管治療の最終手段

歯根端切除術とは、通常の根管治療では処置が難しいとき、歯根の先端にある病巣を切除する外科的な処置です。根管治療の最終手段とも言われ、細菌感染が歯根まで広がっているときや先端に膿の袋ができているとき、あるいは根の先の方で神経が複雑に枝分かれしていたり、亀裂が入っていたりするときに行います。

なお、歯根端切除術でも完治が難しいときは、残念ながら抜歯となります。


自家歯牙移植(じかしがいしょく)とは?

●抜いた場所に親知らずを移植する
●歯根膜も移植するので成功率が高い
●自分の歯を使うので、拒絶反応が少ない
●歯の状態によっては、適応できないこともある

自家歯牙移植(じかしがいしょく)とは、抜歯したあごの骨に、自分の歯を移植する方法です。通常は、抜歯した親知らずが使われます。

自家歯牙移植の大きなメリットは、クッションのように歯を支える歯根膜も同時に移植できること。新たな骨が形成されてあごの骨にしっかりと定着します。インプラントに比べると天然歯のような噛み心地が得られ、予後もよく、感染症などのリスクが軽減されます。また治療期間も3か月程度と短くて治療費も軽減できます。ただし、適応できる症例には限りがありますので、歯科医師と充分にご相談ください。

自家歯牙移植(じかしがいしょく)の注意点
根の形態が複雑な親知らずは、抜いた時にダメージがでてしまうので移植できないことがあります。事前の判断が難しく、抜歯をしてみなければわかりません。とはいえ、簡単な手術で移植でき、治療費用も抑えられるので、インプラントを躊躇している方には、有効な治療といえるでしょう。

自家歯牙移植の流れ
虫歯になった歯と親知らずなどを同時に抜歯して移植します。処置時間は1~2時間程度で終わり、おおよそ3か月程度で移植した歯が安定します。


カテゴリー一覧

お口の内のお悩みは、お気軽にご相談ください

カウンセリングをおこなっております

トップへ » 3分でわかる当院について » 根管治療・口腔外科


PAGE TOP