トップへ » 3分でわかる当院について » 歯周病治療 » 歯周病は全身疾患と深い関わりがある生活習慣病です

歯周病は全身疾患と深い関わりがある生活習慣病です

歯周病最近の研究では、唾液の中に混じった歯周病菌が全身に広がると、糖尿病や心臓血管疾患、肺炎などを誘発し、さらには早産を引き起こすことが明らかになってきました。もはや生活習慣病として考える必要がありそうです。

歯周病治療をすれば症状は治まります。しかし、完治したわけではありません。食生活や生活習慣、あるいは口腔ケアが悪ければ再発します。全身の健康を保つためにも、歯周病という「病気」と上手に付き合いましょう。

歯周病を併発したまま虫歯治療をすると...
歯周病を併発したまま虫歯治療をすると、歯周病が進行してやがては歯を失うことになりかねません。当院では、虫歯の治療を始める前に、歯周病の検査を行っています。もし、歯周病が発見されればまず歯周病の治療を行い、歯ぐきを安定させ、その後、詰め物や人工歯(補綴物)を入れます。こうすることで、歯周病から歯を守り、長期間安定した状態が保てるのです。


トップへ » 3分でわかる当院について » 歯周病治療 » 歯周病は全身疾患と深い関わりがある生活習慣病です


PAGE TOP