トップへ » 3分でわかる当院について » 入れ歯 » 用途に合わせた、さまざまな入れ歯

用途に合わせた、さまざまな入れ歯

【保険義歯】入れ歯が初めての方におすすめ保険義歯
プラスチック素材を使った保険が適用できる入れ歯です。経済的な負担が少ないので、安心してお使いいただけます。なお、初めての方には、入れ歯に慣れていただくためにも、保険義歯がおすすめです。

●保険が適用できるので経済的

薄くて違和感が少ない【金属床】金属床
上あごに接する口蓋(床)の部分が金属でできている入れ歯です。
通常、歯科用のプラスチックを使った保険適用の入れ歯は、口蓋の厚さが約1.0~1.4mmあります。これに対して金属床の口蓋は約0.5mmと薄く、装着時の違和感がほとんどありません。熱伝導率にも優れ、食べ物の冷たさや温かさが敏感に伝わり、食事を美味しくいただくことができます。

金属の種類には、チタン、コバルトクロム、白金加金などがあります。どの素材も厚みはほとんど変わりありませんが、装着感や軽さなどの違いがあります。

●入れ歯の厚みが気になる方、口腔内が狭い方におすすめ
●食べ物の冷たさや温かさを敏感に感じる


支える歯に引っ掛ける金具の目立たない入れ歯ノンクラスプデンチャー
●パッと見ただけではわからない
【ノンクラスプデンチャー】

歯に引っ掛ける部分が歯ぐきと同じピンク色なので目立たず、装着していても周りの人に気づかれることがありません。目立たない部分に、一部金属を使用することがあります。

これ以外にも、入れ歯を支える歯に特殊加工をした、金属が目立たない入れ歯もご用意しておりますので、ご相談ください。


トップへ » 3分でわかる当院について » 入れ歯 » 用途に合わせた、さまざまな入れ歯


PAGE TOP