トップへ » 3分でわかる当院について » 根管治療・口腔外科 » 歯を抜かずに残すための治療

歯を抜かずに残すための治療

「虫歯がひどくなり、治療方法は抜歯しかないと言われた。」
「神経を取り除いたのに、歯ぐきが腫れてきた。」
「神経を取り除いたのに、痛みがある。」
「根の治療を何回かしているのに、すぐ再発する。」
歯を抜かずに残すための治療
治療した歯や根が、再び悪くなったり痛くなったりすることはありませんか。一度治療を受けたからといって痛みを放置していると、こじらせてしまい、治療が難しくなり、最悪、歯を抜かなければならない場合もあります。

●根管治療で悪化した歯を残す
●歯科治療の「最後の砦」
●根治できなければ、抜歯となる

歯の寿命を延ばすための根管治療
根管治療では、壊死した歯の神経を取り除き、根の内部(根管)をキレイに洗浄・殺菌します。根管が汚染されたままの状態を放置すると、根自体が腐ったり歯を支える骨が溶けてしまうことがあります。根管治療は、こうした状態となることを防ぎ、歯をできるだけ長く残すことができる「最後の砦」とも言える治療です。

どんな治療をするの?
歯の神経が通っている管(根管)を、専用器具で掃除し、汚れをきれいに取り除きます。その後、薬を充填して、その上から詰め物を被せます。歯の状態により手順や通院期間は異なります。

根管治療の流れ
1. 虫歯感染部分を専用器具で取り除く。
2. 治療しやすいように、神経のスペースに穴を空ける。
3. 器具(リーマー)を使い、根の感染部を取り除く。
4. 炎症が起きている根管の先端まで薬を充填し、細菌感染を防ぐために根管を塞ぐ。
5. 根管治療後の歯は、状態により詰め物・被せ物を取り付ける。


トップへ » 3分でわかる当院について » 根管治療・口腔外科 » 歯を抜かずに残すための治療


PAGE TOP