トップへ » 院長あいさつ・経歴

患者さんを尊重した、ライフステージに合わせた治療を大切にしています

数ある中から、川口市の渡辺歯科医院をお選びいただき、ありがとうございます。院長の渡辺隆志です。当院が目指しているのは、患者さんから「治療に来てよかった」と思われるような、地域に根ざした歯科医院です。
渡辺歯科医院
患者さんが抱えている生活習慣や社会環境などのバックボーンはさまざまです。当然、最小限の治療を望む人から悪い歯をすべて治したい人まで、治療の要望も多様です。

当院では、一人ひとりのライフステージを考えたオーダーメイド診療で、きめ細かな治療を実現させたいと考えています。


開業してから現実とのギャップに気づく

現実とのギャップ歯科医師になった当初、技術的な自信があったので、詰め物や被せ物は精密に作れば一生使えると思っていました。

どんなに素晴らしい補綴物を作っても
でも、頭で考えるのと現実は大違いで、噛みしめる力があまりにも強い人は歯の根が割れてしまったり、歯周病がひどくなってしまった人は歯がぐらついてしまうこともありました。しっかり治療をしていても、どんなに素晴らしい補綴物を作ってもだめになってしまうことがあります。

こうした経験があったおかげで、口腔外科から根管治療、予防歯科まで総合的な歯科治療を大切にするようになりました。よく「人は自然の猛威には勝てない」といいますが、歯医者も一部の患者さんの強大な咬合力には太刀打ちできない場合があります。その場合は、次善の策を前もって考えておくしかありません。


時間を大切にしているから待たせない

待たせない以前、患者さんから「先生のところはちょうどいいね」と言われたことがありました。理由を聞いてみると、混みすぎていないしすき過ぎてもいないので、患者さんが適度に流れているのだとか。患者さんは、人気(ひとけ)が少ないとドクターの技術力に不安を感じ、逆に混み合っていると診察中の慌ただしさを感じてしまうんですね。

確実と迅速の両立は難しいけれど
ドクターを信頼して、気持ち良く治療を受けてもらうには、患者さんをお待たせしないことが大切だと思います。それには迅速さが欠かせません。そういう意味では毎日が時間との戦いです。

時には時間に追われて慌てることもあります。だからといって手を抜くのは私のポリシーに反すること。時間を割いて来てくださる患者さんのためにも、確実さと迅速さを両立した治療を目指しています。


仕事好きな石塚先生の将来が楽しみ!

石塚先生石塚先生は、私と同じように仕事が大好きで、患者さん第一に考えて、頑張ってしまうタイプです。

かの有名な山本五十六の格言に、『やってみせ、いって聞かせて、させてみて、褒めてやらねば人は動かじ』という言葉があります。褒めることの大切さを説いていますが、長い人生の中では、褒められなくても努力しなければならないときもあります。

石塚先生はまさにそんな人。褒められなくても、自分が納得するまで努力を続けるタイプなので、これからの成長が楽しみですね。


経歴・所属団体

院長 渡辺隆志院長 渡辺隆志

【経歴】
昭和58年3月
東京医科歯科大学歯学部卒業
昭和58年4月
第2歯科補綴学教室入局、井上助教授に師事
昭和60年3月
川口ジャスコ・グリーン歯科勤務
口腔外科・小児歯科専門医と共に勤務。
第2歯科保存学教室にも在局、歯周病の研修も深める。
平成 3年4月
渡辺歯科医院開業。
平成17年2月
全面リニューアルを行い、院内設備を一新。

【所属団体】
東京医科歯科大学歯科同窓会 会員
社団法人川口歯科医師会 会員

十二月田(しわすだ)中学校および南青木保育所の学校歯科医
川口市成人歯科健診、3歳児歯科健診、1歳半歯科健診
寝たきり高齢者訪問歯科健診などの受託医療機関

病診連携について
当院が目指しているのは、オールマイティーな歯科診療です。地域病院の口腔外科・金属アレルギー・インプラント・矯正の専門医などと連携をとっていますので、より高度な治療が必要な場合は、各専門医をご紹介しています。


カテゴリー一覧

お口の内のお悩みは、お気軽にご相談ください

カウンセリングをおこなっております

トップへ » 院長あいさつ・経歴


PAGE TOP