トップへ » 院長あいさつ・経歴 » 開業してから現実とのギャップに気づく

開業してから現実とのギャップに気づく

現実とのギャップ歯科医師になった当初、技術的な自信があったので、詰め物や被せ物は精密に作れば一生使えると思っていました。

どんなに素晴らしい補綴物を作っても
でも、頭で考えるのと現実は大違いで、噛みしめる力があまりにも強い人は歯の根が割れてしまったり、歯周病がひどくなってしまった人は歯がぐらついてしまうこともありました。しっかり治療をしていても、どんなに素晴らしい補綴物を作ってもだめになってしまうことがあります。

こうした経験があったおかげで、口腔外科から根管治療、予防歯科まで総合的な歯科治療を大切にするようになりました。よく「人は自然の猛威には勝てない」といいますが、歯医者も一部の患者さんの強大な咬合力には太刀打ちできない場合があります。その場合は、次善の策を前もって考えておくしかありません。


トップへ » 院長あいさつ・経歴 » 開業してから現実とのギャップに気づく


PAGE TOP